当ブログにはプロモーション、アフィリエイト広告が含まれます。

【Stable Diffusion】Fooocusでワイルドカードを使う方法!

以前SDXLを使うのであれば、Fooocusで決まり!という記事を書きました。

実際にUIがシンプルで操作もしやすいのですが、生成効率を上げるためにはやはりプロンプトのランダム入力が欠かせません。

Fooocusはデフォルトでワイルドカードが使えるので、今回はこちらの使い方をご紹介します。

Fooocusでワイルドカードを使う方法

ワイルドカードは、テキストデータ内にあるプロンプトをランダムで呼び出せるものです。

Fooocusはデフォルトでワイルドカードが使えるようになっており、リストも何個か用意されています。

ワイルドカードを使う方法

まずデフォルトで用意されているリストから、ワイルドカードを使ってみます。

ワイルドカードのリストが保管されているフォルダは以下のパスです。

Fooocus_win64_2-1-791\Fooocus\wildcards

今回はフォルダ内にある「color」をワイルドカードで呼び出します。

使い方は簡単で、リスト名をアンダーバーで囲み、それをプロンプトに入力するだけです。

例)__color__

これでcolor内プロンプトから1つを画像に反映できます。

「1girl, __color__ hair」とだけ入力して4枚生成してみました。

ログを見ると、それぞれ「__color__」の部分がリスト内のプロンプトに置き換わっているのがわかります。

自分でリストを作る方法

ワイルドカードで呼び出すためのリストは、テキストファイルにプロンプトを1行ずつ入力しているだけです。

それを上記の「wildcards」フォルダに入れれば、プロンプトで呼び出せるようになります。

例えば季節のリストをワイルドカードで呼び出したい場合、以下をテキストに入力して保存します。

  • spring
  • summer
  • autumn
  • winter

ファイル名を「season」にして、プロンプトに「__season__」と入力すれば呼び出しが可能です。

非常に便利なのでぜひ使ってみてください。

Fooocusでワイルドカードを使う方法まとめ

今回はFooocusでワイルドカードを使う方法をご紹介しました。

Dynamic Promptsみたいに波括弧が使えるよより便利なのですが、今のところそういった機能を追加することはできないみたいです。

ただワイルドカードでもランダム入力自体は可能なので、ランダム入力したい方はぜひ使ってみてください。

Stable Diffusionに関する質問を募集中
Stable Diffusionに関する疑問・質問があればぜひ送ってください!

拡張機能、プロンプト、UIの使い方など、なんでも構いません。

当メディアでは、頂いた内容を参考に記事を作成したいと考えています。

全ての内容にお答えできるわけではありませんが、可能な限り対応させていただきます。

よろしくお願いします。

    Fooocus
    スポンサーリンク
    イクリ

    Stable Diffusionを使った画像生成AIの情報をメインに発信しています。
    以前多ジャンルで運営していましたが、全ジャンルに同じ熱量を注ぐのが難しく分割しました。
    AI以外のジャンルはnoteでゆるく運営してます。

    イクリをフォローする
    イクリをフォローする
    イクログ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました