当ブログにはプロモーション、アフィリエイト広告が含まれます。

【Stable Diffusion Web UI】拡張機能の基本的な使い方!インストール・アンインストール・アップデート・ダウングレードなど

先日拡張機能をアップデートしたら動かなくなるという出来事がありました。

ダウングレードしたら直ったので、その方法を記事にしようと思ったのですが、基本的な拡張機能の使い方を書いてなかったので、今回まとめて書いてしまおうと思った次第です。

この記事では、拡張機能の基本的な操作方法について解説します。

Stable Diffusion Web UIの拡張機能とは?

Stable Diffusion Web UIに便利な機能を追加できるものです。

代表的なものだとControlNetという画像情報から生成できるものや、プロンプト入力補助、ランダム入力、画像生成高速化、AI動画作成などさまざまなものがあります。

拡張機能の使い方はそれぞれのツールにより異なりますが、インストール方法などは全て同じ操作で行えます。

Stable Diffusion Web UIに拡張機能をインストールする方法

拡張機能をインストールする方法は主に3つです。

  • 一覧からインストールする
  • URLからインストールする
  • gitコマンドでクローンする

おそらくURLからが一番簡単で使っている人も多いと思います。

一覧からインストールする

Stable Diffusion Web UIを起動して、Extensions→Available→Load from:をクリックしてください。

そうすると拡張機能一覧が表示され、名前をクリックすると拡張機能の詳細ページ、installをクリックするとインストールできます。

Hide extensions with tagsで表示する拡張機能の絞り込み、Orderで並び替えが可能です。

Hide extensions with tagsはチェックしたものが非表示になります。

インストール後は拡張機能を使えるようにするため、リスタートか再起動してください。

リスタートはinstalledタブの「Apply and restart UI」から行えます。

再起動はそのままStable Diffusion Web UIを一度終了して、再度起動するだけです。

URLからインストールする

githubにあるクローン用のURLを入力することで、簡単にインストールできます。

例えばControlNetをインストールする場合、以下のURLにアクセスして、CodeからHTTPSのURLをコピーします。

右側のアイコンクリックでコピー可能です。

Mikubill/sd-webui-controlnet: WebUI extension for ControlNet

Stable Diffusion Web UIのExtensions→Install from URL→URL for~にコピーしたURLを入力して、Installボタンをクリックしてください。

これでインストール完了です。リスタート、または再起動すれば反映されます。

gitコマンドでクローンする

これはUIで行うか手動で行うかの違いで、上記のURLの方法とやってることは同じです。

まず拡張機能のフォルダを開いてください。

stable-diffusion-webui\extensions

フォルダ空白部分で右クリックして、ターミナルを開きます。

インストールしたい拡張機能のURLをコピーして、ターミナルで以下のコマンドを実行します。

URLの部分はインストールしたい拡張機能のものに変更してください。

git clone https://github.com/Mikubill/sd-webui-controlnet.git

extensionsに拡張機能がクローンされるので、Web UIをリロード、または再起動すれば使えるようになります。

Stable Diffusion Web UIから拡張機能をアンインストールする方法

アンインストールはWeb UI上で操作できないので、フォルダを手動で削除するだけです。

リスタート、または再起動すれば、Web UIからも削除されます。

なお、プロンプト入力補助系の拡張機能は、データも同じフォルダに保存されている場合があります。

自分で作ったワイルドカードやYAMLファイルがあるとそれも消えてしまうので、削除する前は必ず確認しておきましょう。

Stable Diffusion Web UIの拡張機能をアップデートする方法

拡張機能をアップデートする場合は、Extensions→Installed→Check for updatesをクリックして、チェックが終わるまで待ちます。

終わったら④のApply and restart UIでリスタートしてください。

なお、アップデートがある拡張機能は、チェック後、以下のように表示されます。

new commitsがなければ全部最新バージョンということなので、アップデートする必要はありません。

もし特定の拡張機能のみアップデートしたいという場合は、その拡張機能のフォルダでターミナルを開き、「git pull」コマンドを実行してください。

git pull

これでその拡張機能のみ最新バージョンにできます。

Stable Diffusion Web UIの拡張機能をダウングレードする方法

ダウングレードはUI上で操作できないので、gitコマンドのcheckoutを使います。

まずダウングレードしたい拡張機能のgit hubページに行きます。今回はControlNetを例に紹介します。

Mikubill/sd-webui-controlnet: WebUI extension for ControlNet

Codeの下にあるCommitsをクリックしてください。

そうすると更新履歴一覧が表示されるので、ダウングレードしたい時期のSHAハッシュをコピーします。

コピーしたら拡張機能のパスでターミナルを開き、git checkoutの後にSHAハッシュを貼り付けて実行します。

ControlNetだったら以下のパスです。

stable-diffusion-webui\extensions\sd-webui-controlnet

・コマンド

git checkout SHAハッシュ

これでリスタート、または再起動すれば拡張機能がダウングレードできます。

まとめると、

  1. git hubのCommitsからSHAハッシュをコピー
  2. 拡張機能のフォルダでターミナルを開く
  3. 「git checkou SHAハッシュ」を実行

です。

Stable Diffusion Web UIの拡張機能の使い方まとめ

今回は拡張機能の基本的な使い方についてご紹介しました。

何らかの不具合があった場合、自分の環境が原因なのか、アップデートの影響なのかわからない場合があります。

操作方法を覚えておけば、原因の特定も早くできるので、参考にしてみてください。

Stable Diffusionに関する質問を募集中
Stable Diffusionに関する疑問・質問があればぜひ送ってください!

拡張機能、プロンプト、UIの使い方など、なんでも構いません。

当メディアでは、頂いた内容を参考に記事を作成したいと考えています。

全ての内容にお答えできるわけではありませんが、可能な限り対応させていただきます。

よろしくお願いします。

    拡張機能Stable DiffusionStable Diffusion Web UI
    スポンサーリンク
    イクリ

    Stable Diffusionを使った画像生成AIの情報をメインに発信しています。
    以前多ジャンルで運営していましたが、全ジャンルに同じ熱量を注ぐのが難しく分割しました。
    AI以外のジャンルはnoteでゆるく運営してます。

    イクリをフォローする
    イクリをフォローする
    イクログ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました