当ブログにはプロモーション、アフィリエイト広告が含まれます。

【Stable Diffusion】「3D Openpose Editor」の使い方!より細かいポーズから画像を生成

Stable Diffusion Web UIの便利な拡張機能を紹介する記事です。

今回は細かいポーズまで再現できる3D Openpose Editorの使い方について、ご紹介します。

2Dでポーズを再現する場合はこちら

Stable Diffusion Web UIのインストールはこちら

3D Openpose Editorとは?

3D Openpose Editorは、名前の通り3Dモデルを使って、ポーズが作れる拡張機能です。

指の関節まで動かせるようになっており、かなり複雑なポーズも再現が可能。

アングルも指定できるため、いろんな構図の画像が生成できます。

慣れるまで若干操作が難しいですが、ポーズを保存して途中から編集もできるので、時間をかけてこだわることが可能です。

なお、作成したポーズから画像を生成するにはControlNetが必要です。

事前にインストールしておいてください。

3D Openpose Editorのインストール

Extensions→Install from URL→URL for~に以下のURLを入力して、Installボタンをクリックしてください。

https://github.com/nonnonstop/sd-webui-3d-open-pose-editor.git

インストール後、リスタート、または再起動すれば、3D Openposeというタブが追加されます。

3D Openpose Editorの使い方

デフォルトで3Dモデルが立っているので、ここからポーズを作れます。

カメラ操作

カメラ操作は以下の通りです。

上下左右回転空白部分左クリックでドラッグ
縮小・拡大マウスホイール
視点移動空白部分右クリックでドラッグ

3Dモデルのボディパラメータ

ボディパラメータは、3Dモデルの身長やボーンの太さなどを変えられます。

画面右側の矢印アイコンからパラメータが開けます。

身体パラメータより上の部分は画像サイズとカメラの制御です。

  • 高さ
  • カメラ近距離
  • カメラ遠距離
  • カメラ焦点距離

身体パラメータで設定できる項目は以下になります。

  • ボーンの太さ
  • 頭の大きさ
  • 鼻から首までの距離
  • 肩幅
  • 肩から腰までの距離
  • 腕の長さ
  • 前腕
  • 上腕
  • 手の大きさ
  • ヒップ
  • 脚の長さ
  • 太もも
  • 下腿
  • 足のサイズ

3Dモデルの動かし方

ジョイント(丸の部分)をダブルクリックすると円が表示されます。

これを任意に方向にドラッグすることで、自由にポーズが作れます。

もし肩幅などを自分で変えたい場合は移動モードにしてください。

設定から移動モードを選択、またはXキーで切り替えられます。

そうすると円ではなく矢印が表示され、その方向にボーンを動かせます。

また「ファイル」から「ランダムポーズを設定」をクリックすると、ランダムで何らかのポーズを作ってくれます。

3Dモデルの追加・削除

もう1体3Dモデルを追加したい場合は、3Dモデルを選択した状態で編集から「スケルトンの複製」をクリックします。

同じく編集から「スケルトンの削除」で削除も可能です。

3Dモデルの保存・読み込み

ファイルからモデルの保存・読み込みが可能です。

シーンをリセットするモデルのポーズをリセット
シーンを読み込む保存したポーズを開く
シーンを保存JSONファイルでポーズを保存
ジェスチャーを読み込む保存したジェスチャーを開く
ジェスチャーを保存する手のジェスチャーをJSONファイルで保存
※手を選択した状態で保存可能

画像からポーズを検出

「ファイル」→「画像から検出」で画像を取り込むと、自動的にポーズを検出してくれます。

作成したポーズを画像で保存

右下にあるプレビュー画面から三角のアイコンをクリックすると、現在のポーズから4種類のdetected mapsが生成できます。

  • pose
  • depth
  • normal
  • canny

それぞれ画像をクリックするとダウンロードが可能です。

なお、「Edit Openpose」の隣に「Send to ControlNet」というタブがあり、本来ここから送れるみたいですが、以前からバグの報告が上がっていて現在も修正されていません。

openpose_editor.pyを修正すれば使えるみたいですが、私は修正しても使えませんでした。

[Bug] "Send to ControlNet" not working, "Control Model number" always empty · Issue #96 · nonnonstop/sd-webui-3d-open-pose-editor

ファイルのパス

stable-diffusion-webui\extensions\sd-webui-3d-open-pose-editor\scripts

ですので、基本画像をダウンロードして使うことになると思います。

作ったポーズから画像生成

保存した画像をControlNetで取り込んでください。

パラメータを以下のように設定します。

Enableチェック ※ControlNetの有効化
Low VRAMグラボのVRAMが8GB以下ならチェック推奨
矢印取り込んだ画像とwidth・heightを合わせる
Control TypeOpenPoseをチェック ※自動で対象のPreprocessor・modelを選択
Preprocessornoneを選択

画像から既に抽出したものなのでPreprocessorはnoneにします。

これで何らかのプロンプトを入れて生成すると、作成したポーズが画像に反映されます。

3D Openpose Editorの使い方まとめ

今回は細かいポーズが再現できる3D Openpose Editorを紹介しました。

まとめ

3D Openpose Editorはポーズを作れる拡張機能
カメラやボーンを自由に設定できる
手のジェスチャーも編集可能
画像からポーズ推定も可能
ControlNetに画像を送る機能は動かない

ポーズだけじゃなくカメラの位置を設定できるのも地味に便利だなと思いました。

プロンプトでアングル指定しなくてもいいので、いろいろな構図の画像が生成できると思います。

漫画制作やAI動画にも応用できるので、ぜひ使ってみてください。

Stable Diffusionに関する質問を募集中
Stable Diffusionに関する疑問・質問があればぜひ送ってください!

拡張機能、プロンプト、UIの使い方など、なんでも構いません。

当メディアでは、頂いた内容を参考に記事を作成したいと考えています。

全ての内容にお答えできるわけではありませんが、可能な限り対応させていただきます。

よろしくお願いします。

    拡張機能Stable DiffusionStable Diffusion Web UI
    スポンサーリンク
    イクリ

    Stable Diffusionを使った画像生成AIの情報をメインに発信しています。
    以前多ジャンルで運営していましたが、全ジャンルに同じ熱量を注ぐのが難しく分割しました。
    AI以外のジャンルはnoteでゆるく運営してます。

    イクリをフォローする
    イクリをフォローする
    イクログ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました